ガンプラとか可動フィギュアとか色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC バンシィ(デストロイモード) レビュー

RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ (デストロイモード)


UC計画の要たる、ニュータイプを駆逐するための機能NT-Dシステムが発動した、ユニコーンガンダムの真の姿。
前回に引き続いてバンシィのデストロイモードのレビュー。

パケ絵からしてアームド・アーマーBSのビームは赤いのだろうか。


ユニコーンモードへ



ユニコーンモードと同様、成型色を変更した上に新規パーツ。
サイコフレームはクリアー成型ではなく、襟やブレードアンテナと同じラメっぽい黄色。
ポリキャップもHGストライクフリーダムの時みたいなウンコ色 もとい黄土色。



《バンシィ》とは地球連邦軍再編計画の一環「UC計画」の中核としてAE社が秘密裏に開発していたフル・サイコフレーム試作機、RX-0《ユニコーンガンダム》2号機の通称である。純白が眩しい1号機とは対照的に、漆黒を基調としたバンシィの機体色。その基本スペックは変わることなく、同様に対ニュータイプ用モビルスーツとしての秘められた力、「NT-D」と呼ばれる特殊システムを搭載している。NT-Dは、戦闘域において敵性サイコミュ・モビルスーツと遭遇することによってシステムが発動。通常時のユニコーンモードから内部フレームを拡張し、全身の体型が変貌を始め――もはや機体が「変身」したとしか表現できない姿、デストロイモードへと移行するのである。もちろん姿形が変わるだけではない。機動性をはじめとした総合性能を飛躍的に向上させ、性能面においてもユニコーンモードとは明らかな違いを示す。さらに同モード時には、通常の操縦方式に「インテンション・オートマチック・システム」が付加される。これはパイロットの感応波がダイレクトに全身のサイコフレームへと伝達し、遅延なくバンシィの機動を促す。要は「操縦する必要がない」のである。月のグラナダで1号機と共にロールアウトしたバンシィは、先行して地球に降ろされ、重力下仕様のテストによる調整、そしてユニコーンガンダム専用に開発された増加サイコフレーム装備「アームド・アーマー」を与えられたことにより、1号機以上の完成度を誇る機体となった。一角の幻獣の名を与えられながら、百獣の王、獅子を想起させるバンシィの姿。それは、幻想を打ち砕く「現実」を象徴しているのかもしれない。

(説明書より抜粋)



金色に輝く全身のサイコフレームによって、ユニコーンモードとは全く異なる印象を与えるデストロイモード。
1号機が紅白御目出度カラーだったのに対し、バンシィは黒地に金色赤目のステキカラー。
デザイン上仕方がないのだが、分割はRG並み。

毎度思うのだが、デストロイモード時は機体内部は空洞だらけになっているんじゃないだろうか。



アームド・アーマーBS。デストロイモードには展開状態が付属。
なかなか珍しい開放型の砲身。
センサーとサイコフレームとIASがどうたらという理屈で高精度の予測照準が可能らしい。
ガンダムの世界にFCSは無いのか。

なぜかフィンファンネルと勘違いしている人もいるそうだが、どの辺りがファンネルだというのか。


アームド・アーマーVN。こちらも展開状態。
クローは固定状態で可動なし。
収納時は鈍器だったが、展開時は超振動破砕兵器になるそうな。電気按摩である。
掴んで握りつぶす、ロマン溢れる武器。劇中ではどう使ってくれるか楽しみだ。


アームド・アーマーはビームトンファーと干渉しない構成になっているので、展開時でもトンファーの使用が可能。
ビーム刃は付属していないので、ユニコーンモードかその辺の適当なところからかっぱらおう。



余剰パーツとしてビームマグナムとシールドが付属。
おまけとしてつける気満々だったのか、ビームマグナムのセンサーのシールもついてたりする。

ユニコーンモードではビームマグナムとバズーカの両方の弾倉がつけられるのに、デストロイモードではマグナムの弾倉しかつけられないのはどういうことなのか。


余剰パーツを使用すれば小説版のバンシィに組むことも可能。
ユニコーンモード時には1号機と同じ形の角があるので、1号機と全く同じ形状のバンシィが作れたが、デストロイモードには展開した1号機の角パーツは無い。
バンシィカラーの1号機が作りたいというニッチな人は1号機からニコイチするか部品注文を。

斑模様やファングジョーカーにするのもアリだ。多分。



アームド・アーマーはユニコーンモードとデストロイモードで交換可能。

左右の腕と武器の構造は全く同じなので、バンシィをそれぞれ二つ買えば両手に同じ武器を装備することも出来る。


ただし収納状態のVNは一部干渉する箇所があるため、向かい像ではデストロイモードに取り付け不可。
削り取れば多分取り付けられると思われる。


デストロイモード時は獅子と腹部が伸張するため、設定上全高が2メートル大きくなる。
実際に並べてみると、とても2メートルどころではない気がする。

ちなみにバンシィのユニコーンモードと1号機のデストロイモードの全高は同じだったりする。
角がデカいからな。



毎度御馴染背比べ。
(作品内の)大人の事情でモビルスーツが大型化していた時期の機体なので、ユニコーンモードで全高21.7メートル。18.3メートルのクアンタと比べるとまーデカいデカい。





おわり

「もどれぇー!」


HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム 2号機 バンシィ デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム 2号機 バンシィ デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)
(2012/01/08)
バンダイ

商品詳細を見る

HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 RX-0 ユニコーンガンダム デストロイモード (機動戦士ガンダムUC)
(2009/11/21)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。